デヴィン・ヘイニー戦でライアン・ガルシアが体重超過&計量時ビール飲み

<景品表示法に基づく表示>本サイトには一部商品プロモーションが含まれています。

2024年4月20日に行われるボクシングWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」

その前日計量にてライアン・ガルシアがスーパーライト級の規定体重を3.2ポンド(約1.4kg)の大幅体重超過し計量失格となっています。さらに再計量も拒否したガルシアはファンや記者向けに行われる公開計量にて、計量台の上でビールを飲み干すパフォーマンスを披露し大炎上…!

ボクシング界きってのイケメンながらプロ25戦24勝20KOの実力派ライアン・ガルシアと、ライト級4団体統一&世界2階級制覇王者デヴィン・ヘイニーのスーパーライト級屈指の好カード(ガルシアの暴挙で違う方向で注目されてるけど)をチェックしていきましょう。

WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」

2024年4月20日に行われるWBC世界スーパーライト級タイトルマッチ「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」

この試合は2022年6月にライト級4団体統一を成し遂げ史上8人目の主要4団体統一王者に、さらに翌年階級アップ初戦で世界2階級制覇王者となり現在ライト級~スーパーライト級最強ボクサーの一角と目されるデヴィン・ヘイニーと

ボクシング界きっての甘いマスクを持つ人気者ながら、プロ戦績25戦24勝(20KO)の元WBC世界ライト級暫定王者ライアン・ガルシアとのスーパーライト級屈指の好カードとして非常に注目度の高い一戦となっている。

ちなみにヘイニーとガルシアはアマチュアボクシング時代に6度対戦しており、3勝3敗と互角の戦績となっているライバル関係。

ライアン・ガルシアが公開計量で体重オーバー&計量台でビール一気飲みし大炎上

2024年4月19日に行われた前日計量でライアン・ガルシアがスーパーライト級の規定体重を3.2ポンド(約1.4㎏)の体重オーバーとなり、再計量を拒否したため計量失格。

一方の現WBC世界スーパーライト級王者デヴィン・ヘイニーはスーパーライト級規定体重140ポンド(63.50㎏)リミット丁度で計量パスしている。

注目度の高いボクシング世界戦で再計量も拒否し故意的な体重超過を犯したお騒がせ伊達男ライアン・ガルシア。さらに記者やファンに向けて行う公開計量の際、ガルシアは持ち込んだビールを計量台の上で飲み干す挑発パフォーマンスを披露し大炎上する事態に…!

ちなみにライアン・ガルシアは計量台で飲み干した瓶ビールの中身はビールではなくアップル味のスパークリングジュースだったと主張。計量台の上でマッスルポーズを取り大声で叫ぶと、フェイスオフでも正気とは思えない形相でヘイニーに何事か喚き散らしている。

ヘイニーとガルシアはこの試合3日前にエンパイア・ステート・ビルの屋上で行われたフェイスオフでも舌戦からの乱闘騒ぎに発展(この時は舌戦→ヘイニーが先に突き飛ばした)。
実力的には試合時のフィジカル&テクニックで上回るヘイニーがかなり優位と思うけど、勝負論抜きにしてもボクシング界随一のイケメン"KingRy"ことガルシアへの制裁マッチとしても注目される一戦になったよな。

WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」はDAZNで↓

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!

ライアン・ガルシアが違約金150万ドル(2億3000万円)を支払う条件で試合成立に

注目度の高いWBC世界スーパーライト級タイトルマッチにおいて規定体重の140ポンド(63.50㎏)を3.2ポンド(約1.4㎏)と大幅な体重オーバーし、さらに再計量を拒否からの計量台でビール一気飲みする暴挙にでたライアン・ガルシア。

格式を重んじるボクシングという競技自体を否定したと言っても過言ではないライアン・ガルシアだが、「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」はガルシアが違約金150万ドル(2億3000万円)を支払うことで試合成立となっている。

また、デビン・ヘイニーの父でヘイニーのトレーナー兼マネージャーを務めるビル・ヘイニー氏が体重超過したライアン・ガルシアに対し苦言を呈す場面があり、ビル・ヘイニー氏とガルシア陣営が乱闘に発展。
このイベントの興行主である「ゴールデンボーイ・プロモーションズ」のオスカー・デ・ラ・ホーヤが止めに入る事態になってるよ。

騒動後、前日計量のインタビューにて王者デヴィン・ヘイニーは

  • ライアン・ガルシアの取った行動はとてもプロボクサーのものとは思えない、対して俺は真のプロフェッショナルだ。昨日の会見で俺は「ガルシアのふざけたパフォーマンスや態度は奴自身の足元をすくうことになるだろう」と言ったが、さっきの奴の奇行に始まり明日の試合ですべて分かることになる」
  • スーパーライト級で俺がライアン・ガルシアより上の次元にいることを世界中のファンが理解すると思うよ
  • 「ガルシアはなりふり構わず捨て身で倒しに来るだろうが、逆にカウンターでKOしてやる」

とライアン・ガルシアの暴挙を非難しつつ、試合では実力差を分からせると勝利宣言している。

体重超過のライアン・ガルシアさん、現地のボクシングファンにとんでもない暴言を浴びせてしまう

再計量の時間猶予を与えられながらも拒否し、タイトルマッチにおいて故意的と言える体重超過をしたライアン・ガルシア。計量台でのビール飲みパフォーマンスを披露した際、ファンから大ブーイングが起こっている。

ライアン・ガルシアはブーイングしたファンに向け

「俺の○○を○○してろ。結局俺がヘイニーをKOすればまたお前ら俺を応援するんだろ?」

「150万ドル(2億3000万円)なんて俺からすれば何でもない額だ。金が欲しいならくれてやる」

「今の気分は最高だ、俺が3ポンド有利になった。やるかやられるかだ。明日は見たこともないとんでもなくヤバい試合になるぞ」

と暴言を吐き捨て、さらに公開計量後にはXにて「なんで俺が弱体化するのが分かってて体重を落とさなきゃいけないんだ?俺は勝つためにここに来たんだ、この話はおしまいだ」と再計量を拒否した理由を投稿。
ちなみにライアン・ガルシアの「俺の○○を○○してろ」は放送禁止用語の暴言で、「バズ格闘技ニュース」は誰かに対する侮辱的な表現はNGだから自主規制だ。
ガルシアは以前から情緒不安定エピソードが多数上がってることもあり、この階級最高峰のテクニシャン・ヘイニーとの対戦に向けてストレスが限界突破してしまったのかもしれんよな。

奇行連発で迷走する"KingRy"ライアン・ガルシア。過去にはSNSでYouTuberボクサーのローガン・ポール&ジェイク・ポールに絡んだりUFCファイターにトラッシュトークを仕掛けMMA挑戦を表明したりと、このまま"話題先行型ボクサー"にシフトチェンジしていく可能性も?

「マイク・タイソン vs. ジェイク・ポール」57歳レジェンドがYouTuberボクサーと対戦

「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」試合結果│ガルシアが3度ダウンを奪い判定勝利

WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」試合結果

LOSE「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」WINガルシアが王者ヘイニーから計3度ダウンを奪い0-2判定勝利(スコア112-112、114-110、115-109)

ガルシアが体重超過したため王座戴冠ならず、WBC世界スーパーライト級は現在空位となっている

「デヴィン・ヘイニー vs. ライアン・ガルシア」

1R ライアン・ガルシアがプレッシャーを掛けデヴィン・ヘイニーをコーナーに詰める、ヘイニーはポジションを入れ替えリング中央に。ガルシアの左フックがカウンターでクリーンヒットしヘイニーが下がらされる。

ガルシアが畳みかけるもヘイニーはクリンチで凌ぐ。しかしその後のラウンドはデヴィン・ヘイニーが徐々にペースを掴み、ライアン・ガルシアはスタミナ切れで呼吸が荒い。

7R ライアン・ガルシアが左フックから右ショートストレートをヒットさせデヴィン・ヘイニーがダウン。

10R 8回9回に失速するもライアン・ガルシアが右フックから畳みかけ再びデヴィン・ヘイニーをダウンさせる。続く11回にもガルシアが左フックでヘイニーからダウンを奪いガルシア優位のペースに。

最終ラウンドではガルシアがダンスをするようなステップで余裕を見せている。パワーで上回ったライアン・ガルシアがヘイニーから計3度のダウンを奪い判定勝利となった。

この試合はガルシアが体重超過したもののキャッチウェイトではなくWBC世界スーパーライト級タイトルマッチとして行われたためデヴィン・ヘイニーは王座陥落、WBC世界スーパーライト級は空位となっている。

ライアン・ガルシア「あんたらに俺が狂っていると思わせていた」体重超過&ビール飲みは高度な心理戦だった?

ライアン・ガルシアはデヴィン・ヘイニー戦に勝利し「みんな本当に俺が狂ってと思ってたのか?」と話し、デヴィン・ヘイニーの父ビル・ヘイニー氏は

「ライアン・ガルシアの売名行為(公開計量で取った狂ったような振る舞い)あれは策略だったんだ。その重さ、狂気。良いファイターだ。デヴィンは試合でハートと根性を見せたので我々は再戦を望んでいる」

と語っている。

ライアン・ガルシアの計量オーバーからのビール飲みパフォーマンス、その後フェイスオフで見せた狂気の表情はすべてデヴィン・ヘイニーや記者、観客を欺くガルシアの心理戦だった説が浮上。
タイトルマッチで挑戦者が大幅体重超過&再計量拒否したあげく、計量台でビール飲んで瞳孔ガン開きで挑発してきたらヘイニ-も防衛線へのモチベーション落ちて当然だもんな。
実際ガルシアは中盤ガス欠しつつも12R通して集中力を切らさず勝ちに行ってたし、試合でのハイレベルなパフォーマンスが相当なトレーニング積んできてた事を物語ってるよな。

ライアン・ガルシアはデヴィン・ヘイニー戦のトレーニングキャンプにて毎日酒を飲んでいたとし、ヘイニーとの試合後にはXにて煙草を吹かしている動画を投稿。

しかし試合での動きの良さを見る限り、それらもヘイニー陣営を油断させるブラフ(嘘情報)で「ガルシアがヘイニーに試合前から心理戦で揺さぶりをかけていた」というのも事実だったのかも?

ライアン・ガルシア試合後インタビュー
  • 「みんなネットニュースを真に受けて取り乱したり、事実ではないことに振り回されるような事はもう止めにしないといけない」
  • 「実際には現実問題、みんなそれぞれ向き合わなきゃいけない事が山積みだろ?ネットで見た俺みたいなガキが取るおかしな行動なんかお前らが一番に向き合う問題じゃないんだ、目を覚ませよ
  • 「あんたらはもっと向かい合うべきことからは目を背け、ネット上でああじゃないこうじゃない色々言ってるだけだ」
  • 「俺は今回自分の評判を台無しにして、ネットで眺めてるお前らに自分が狂っていると思わせていただけ。実際には冷静だった。だが本当にクレイジーだったのは誰だったと思う?」

ライアン・ガルシアは試合後インタビューにて体重超過からビール飲み、フェイスオフでの狂気の表情やダンスなど、一連の行動は「ライアンガルシアは狂ってる」「トレーニング中に酒を飲み集中できていない」と思わせヘイニー陣営に揺さぶりをかける心理戦だったと語っている。

ライアン・ガルシアはデヴィンヘイニー戦で自分に200万ドルを賭け、1200万ドル(約18億円)を稼いだ?

ライアン・ガルシアはデヴィン・ヘイニー戦で「自分に200万ドル賭け、1,200万ドル稼いだ」とSNSで騒がれている画像を添付し「賭けるなら自分に賭けろ」と投稿。1,200万円ドルは日本円で約18億円…!

また、デヴィン・ヘイニー戦でのライアン・ガルシアのファイトマネーは3,000万ドル(約45億円)が保証されていたとのこと。ガルシアにとってはスーパーライト級の世界王座よりも大金と話題性により増えるSNSフォロワー(影響力)の方が重要だったのかもしれない。

「R.ガルシアが自分に200万ドル賭けて1,200万ドル儲けた」これが事実なら世界戦で体重超過しながらもガルシアが試合を成立させるための違約金150万ドル(2億3000万円)を支払ったのは、大金ゲットするためにハナから計画されてた作戦だった説もあり得るよな。
まあでもライアン・ガルシア自身が「ネットニュースを真に受けてないで自分自身のやるべきことに向き合え」と言ってるからSNSの議論を皮肉ってるだけの可能性もある。実際のところはガルシア本人にしか分からんよね。

デヴィン・ヘイニー戦でのライアン・ガルシア、体重超過のみならずドーピング陽性反応

米大手スポーツ専門チャンネルESPNによると、デヴィン・ヘイニー戦でのライアン・ガルシアが体重超過のみならず、試合前日と試合当日にドーピング検査で陽性反応が出たことが報じられている。

ライアンガルシアはヘイニ―戦の試合前に行われたドーピング検査にてAサンプルからPEDオスタリンという禁止薬物の陽性反応が示されており、10日以内であればBサンプルの検査要請できる権利があるとのこと。
ドーピング陽性の報道を受けガルシアはXにて「俺は過去一度もステロイドを摂取してないし、やってるとしたら何故俺をリングに上げたんだ?」「彼らは嘘をでっちあげて俺をボクシング界から追放したり、刑務所に入れようとしてる」などと投稿しドーピング使用を否定する姿勢を見せてるよ。

ニューヨーク州アスレチックコミッションは「プロスポーツ競技における安全性、公平性、誠実性は不可欠」と前置きし「WADA(世界ドーピング防止機構)とライアン・ガルシアのドーピング問題について検討する」としている。

今後「デヴィン・ヘイニ- vs. ライアン・ガルシア」が無効試合になる可能性や、ライアン・ガルシアに無期限出場停止処分などのペナルティが課せられる可能性もあるか。

おすすめの記事