<景品表示法に基づく表示>本サイトには商品プロモーションが含まれています。

2023年3月24日、RIZINに継続参戦していたことでも有名な女子格闘家「KINGレイナ」さんが大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。

KINGレイナさんは共にアパレルブランドを展開していたYouTuberの男性「方山ポール」こと小林巴宇呂(小林パウロ)さんのマンションの一室で乾燥大麻3.6gを所持した疑いで逮捕されたとのこと。

当時上から目線の不思議ちゃんキャラで人気を博したキングレイナさん。気になる逮捕の経緯をまとめていきます。

【格闘技イベント】おすすめ動画配信サービス

DAZN

  • 海外ボクシングの世界戦など最高峰ボクサーの最新試合がチェックできるDAZN(ダゾーン)。MMAイベントや吉成名高選手の参戦で注目を集めるRWSも配信されています。
  • 格闘技以外にも野球/サッカー/バスケなどメジャースポーツも充実。『DMM × DAZNホーダイ』ならDAZNスタンダードプランよりも月額720円お得に利用できておすすめ。

DAZNスタンダードはこちら↓

【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが年間10,000試合以上見放題!

ABEMA

  • 「ABEMAプレミアム登録 + PPV購入」で1,500円キャッシュバックできてお得
  • 2週間無料トライアルでお試し利用できます。

U-NEXT

  • 初回登録で600円分のポイントが付与され、31日間無料トライアル可能。
  • UFCなど海外MMAイベント/国内MMAイベント/海外ボクシングなど、月額料金のみで視聴可能な格闘技コンテンツ多数でイチオシ。
  • RIZINの視聴にはPPVの購入が必要。

[PR]朝倉海選手も絶賛!格闘アプリ「拳極(ケンゴク)」今すぐチェック↓

【元RIZINファイター】KINGレイナこと三浦伶奈さんが大麻所持で逮捕

2023年3月24日午前8時すぎ、女子総合格闘家のKINGレイナさんが知人のマンション一室にて、大麻3.6gを所持した疑いで逮捕されました。

キングレイナこと三浦伶奈さんは逮捕時、知人男性のYouTuber「katayama paul(片山ポール)」こと小林ポールさんと共に過ごしていたとのことで容疑を認めています。

最近では格闘家として試合に出てなかったキングレイナさんですが、RIZIN参戦していた頃は上から目線の高飛車キャラとビックマウスで人気を博していました。

KINGレイナの逮捕で悲しんでる格闘技ファンも多い?
昭和のレジェンド女子プロレスラー神取忍さんとのコントのような掛け合いが人気だったシリーズ「誰ギャビ」ももう見れないと思うと寂しいよね。

KINGレイナさんと親交のあるRIZINファイター平本蓮選手もKINGレイナ逮捕に反応。KINGレイナさんの彼氏でKrash王者の篠塚辰樹選手と

3人でまた家で楽しく過ごしたいな

と語っている。

ちなみにKINGレイナさんは女子キックボクサーぱんちゃん璃奈さんが「天心武尊の偽サイン詐欺」で逮捕された際、

なんかぱんちゃん困ってたのかなぁ。。 結構ビックリしたぁ

とツイートされています。

KINGレイナさん、自分も大麻所持で逮捕されててぱんちゃん莉奈心配してる場合じゃなかった模様。
犯罪のえげつなさ的には日本の全格闘技ファンに激震を与えたぱんちゃん璃奈さんの「天心武尊の偽サイン詐欺」事件ほどじゃないにせよ、日本での大麻所持は立派な犯罪やからね?おまわりさんにタイーホされちゃうから薬物ダメ絶対!

キングレイナさん、格闘技復帰戦でブレイキングダウン参戦あるかも?

【キングレイナ】YouTuber「片山ポール」と大麻モチーフのアパレルブランドを展開

KINGレイナさんと一緒に大麻所持で逮捕されたYouTuber片山ポールさんですが、自身のアパレルブランドを展開されており片山ポールさんの新しいアパレルブランドのひとつ「KIEF(キーフ)」のキャラクターをKINGレイナさんがデザインしていたとのこと。

KINGレイナさんがデザインを担当した経緯は、KINGレイナさんのイラストを描く才能をかって片山ポールさんが依頼していた

KINGレイナさんがデザインしていたキャラクター↓

このキングレイナさんがデザインした「KIEF(キーフ)」のキャラクター、一見かわいいいゆるキャラ風ですが大麻をモチーフに描かれています

それを踏まえてよくよく考えると、キングレイナさんとポール方山さんが大麻所持で逮捕されたのは当然の流れだったのかもしれませんね。

ちなみに片山ポールさんはコワモテというかアンダーグラウンド感ある雰囲気のルックスですが、インスタを見ると3匹の飼い猫に愛情を注いでいる愛猫家ということが分かります。猫ちゃんたちに罪はないので本当に心配ですね。

青木真也がKINGレイナの逮捕に苦言「薬物に手を出すなら格闘技やってる意味ない」

MMA(総合格闘技)ファイター青木真也さんはキングレイナさんの大麻所持で逮捕されたことに対し、「みんな知っていたよね!」とツイート。

直接関わりは無くても格闘家の間ではキングレイナさんが大麻に手を染めていることはけっこう噂になってたのかも?
キングレイナさんが手掛けるアパレルのキャラクターが大麻モチーフだからほぼ公言してるようなもんだったけどね。

また、青木真也さんは今回のキングレイナさんの件やドーピング疑惑の格闘家に対し、次のように苦言を呈しています。

  • ドーピングや薬物に手を出すなら格闘技やってる意味ないと思うんだよね」
  • 「強くなるために格闘技やってるわけで、競技に勝つためにやっているわけではないんですよね」

他の格闘家とは違った視点からの指摘が青木真也さんならでは。

キングレイナさんは最近では格闘技から離れてたこともあり試合に勝つためにやっていた訳ではなさそうですが、格闘家なら試合を通して強さや生き様で魅せてほしいところ。

丸山ゴンザレスさん、KINGレイナ逮捕に「女子格闘家のファイトマネーの安さとは別問題」

世界の裏側(裏社会)に迫る人気番組「クレイジージャーニー」でもおなじみの丸山ゴンザレスさんもKINGレイナさんの逮捕騒動について持論を展開。

丸山ゴンザレスさんKINGレイナ逮捕について語る
  • 「大麻に関しては合法になっている国もあり世界中で議論されています。でも日本では大麻は法律上違法薬物なので当然逮捕されます。そこを勘違いしてはいけない」
  • 「それと女子格闘家のギャラ(ファイトマネー)が安いことも今回の件に関係してる…という意見もあるみたいですが、それとこれとは別問題。切り離して考えないといけないです」
  • 「女子格闘家でも他の仕事をしたり名を上げるなど、工夫しながら格闘技をやってる人も沢山いる訳ですから。ギャラが安い問題とKINGレイナさんが逮捕された件は別問題です」

と語っています。

たしかにキングレイナさんが手掛けたアパレルブランドのデザインの仕事も「女子格闘家のギャラの安さ」を補うための工夫とも取れなくはないですが、実際に日本の法律上認められていない大麻を所持していたことを正当化できる訳ではないので"ギャラ問題"とは結び付けてはいけないですね。

まとめ

かつてRIZINで一躍有名になった女子格闘家のKINGレイナさんの突然の逮捕についてまとめました。KINGレイナさんは2022年に「日本で試合したくないから海外で試合したい」「クリスサイボーグと試合したい」と語っていただけに今回の逮捕は残念です。

今後またKINGレイナさんがMMA(総合格闘技)やデザインの世界で再起されることに期待したいところ。KINGレイナさんのブレイキングダウンへの参戦というのも再起のきっかけとして一つの選択肢なんじゃないでしょうか?

おすすめの記事